印刷通販会社を利用するならこの会社がおすすめ!口コミで評判のネット印刷会社を厳選・比較し、ランキング形式で紹介しています。

カレンダー制作はネット印刷で!簡単にできるカレンダー制作の流れとは

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/10/05


カレンダーを日常的に利用している人は多いのではないでしょうか。企業によっては、自分たちの企業名が印刷されたカレンダーを制作し、配布しているところもあります。カレンダー製作は、実はネットで簡単に作ることができるのです。今回は企業カレンダーの作り方について詳しく解説していきます。

企業がカレンダーを制作する目的・役割とは

企業が配布しているカレンダーには、さまざまな種類があります。シンプルなカレンダーに企業名を印刷しただけのものもあれば、自分たちで写真を撮影して形状にまでこだわっているケースも存在します。企業はなぜ自分たちのカレンダーを作るのでしょうか。

その目的として、まず企業のアピールがあげられます。企業名が印刷されたカレンダーを飾ると、その名前を日々の生活で見かけることになります。職場に飾られるケースもあるでしょう。こうして自社の認知度を高めていくことで、親近感を持たせて企業のPRをしていくのです。

営業としての一面も

企業は契約を結んだり、商品を卸したりしている会社に対して、年末のあいさつでカレンダーを配布することが多くなっています。それはお世話になったお礼という意味合いもありますが、得意先の企業を訪れるきっかけにもなります。関係性を続けていくためには、細やかな心遣いが欠かせません。

また、ここで使いやすい魅力的なカレンダーを配布しておくことで、イメージアップすることも可能です。そこに企業の連絡先やホームページのアドレスを記載しておけば、何かトラブルや困ったことがあった際に連絡を取りやすくなります。製品の情報を載せて、商品に興味を持ってもらうきっかけを作ることも。このように、企業そのものや商品、サービスをアピールするうえで、カレンダー作りは非常に重要なのです。

企業カレンダーの企画・デザインについて

企業のカレンダーを作るうえで、押さえておくべきポイントについて紹介します。まず、自社のイメージにマッチしたデザインや柄、形を選んでください。写真を採用する場合は、著作権にも気を配る必要があります。どんなに素敵な写真を使っていても、被写体以外の人が映り込んでいたり、特定の何かをひいきするような情報が盛り込まれていたりすると、悪いイメージを抱く人もいるでしょう。

イラストレーターに依頼する場合、連続してカレンダー用の絵を描いてもらい「この企業はこのイラストレーター」というイメージを定着させるのか、それとも毎回イラストを変えて飽きさせないように工夫するのかなど、どこを重視するかきちんと決めておくことが重要です。

カレンダーとしての機能を果たしているか

カレンダーは日時が分かれば良いという人もいれば、そこに予定を書き込みたいという人もいるでしょう。とくに、企業に配布するなら後者の側面が強くなることが予想されます。どんなに企業のアピールに成功していても、使いづらいものは使い続けてもらえません。そのため、文字を書くスペースの大きさも考慮してください。暦の表示も日曜始まりか、月曜始まりか、前月と翌月を表示するか、表示するなら何ヶ月にするかなど、利用シーンに合わせて使いやすさを追求しましょう。

デジタル化も進んでいる

今はスマホが非常に普及している時代です。そこで、その月の写真に関する情報や自社のWebサイトにアクセスできるQRコードを記載しておいて、プラスアルファが得られるカレンダーを作るのです。季節に合わせた商品を紹介するのに非常に役立つと言えますし、その企業以外の情報も手に入る点が魅力的です。必要な情報以外に楽しめる要素を盛り込むことで「ここのカレンダーをまた使いたい」と思わせることにつながります。

カレンダー制作の大まかな流れとは

カレンダー製作がどのように進んでいくかを説明します。年末の配布に間に合わせるためには、春(3~5月)から企画を始める必要があります。どのようなカレンダーにするか、企業の狙いを盛り込んで考えてください。テーマや使いやすさも重要ですが、作る側としてはコストもしっかり考慮しなくてはいけません。無理のない予算を組むことが重要です。

方向性がしっかり定まったら、より詳しい部分について決めていきます。写真を使うのかイラストを使うのか、暦部分はどうするかなど、レイアウトを細かく決定していきましょう。企業のロゴをどこにいれるか、どのようなフォントや大きさにするかも大切です。詳細を決めたら、必要な素材を探したり、他社に依頼したりといったことが始まります。7~8月など夏ごろまでにここを固めると、その後の流れがスムーズになります。

こうして完成したカレンダーのサンプルを確認し、改良すべきポイントがないか、また考え直していくのです。1人だけの意見で決めず、カレンダー製作に関わっていない社員にも見せてアドバイスをもらうと、より客観的に魅力的なカレンダーになるでしょう。修正も1度では終わらないことも考えられるため、根気強く改良を重ねてください。12月から配布できるように、11月頃には納品できるスケジュールを組みことが重要です。

まとめ

企業のカレンダー製作について紹介しました。企業名をアピールすることはもちろん、得意先の企業を訪れてコミュニケーションをとるきっかけにもなります。ここで魅力的なカレンダーを作ることができれば、イメージアップにもつながっていくでしょう。今はネット印刷で簡単にカレンダーを作れるため、予算やサービスをよく調べて目的にマッチしたところを選び、カレンダーを作ってみてください。

印刷通販会社ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名プリントダップグラフィックラクスルイロドリプリントパック
おすすめコースカスタマーサービス大充実!安心・親身な対応が魅力2020年顧客満足度調査No.1!信頼の印刷通販印刷に関わるデザインから配布までトータルに対応小ロットからの注文にも対応全国138万人の登録者を抱えるNo.1印刷通販
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧