印刷通販会社を利用するならこの会社がおすすめ!口コミで評判のネット印刷会社を厳選・比較し、ランキング形式で紹介しています。

オフセット印刷とデジタル印刷との違いを解説

公開日:2024/03/15  最終更新日:2023/12/22

?

印刷方法の選択は、印刷物の品質やコストに大きな影響を与える重要な決定です。オフセット印刷とデジタル印刷は、主要な印刷方法のふたつであり、それぞれ独自の特徴があります。この記事では、オフセット印刷とデジタル印刷の違いについて詳しく解説します。どの印刷方法が合っているかを理解しやすくなるので、ぜひ最後までご覧ください。

それぞれの特徴をわかりやすく解説

オフセット印刷とデジタル印刷との違いを詳しく解説します。それぞれの特徴について、さらに詳細に説明します。

オフセット印刷とは

オフセット印刷は、長い歴史を持つ伝統的な印刷方法であり、高品質な印刷物を生み出すことで知られています。

この方法では、まず、インクが特殊な印刷プレートに転写され、その後、ラバー巻き取りローラーを介して印刷対象の表面に転写されます。この過程によって、鮮やかで精細なイメージを再現することが可能です。オフセット印刷の大きな利点は、大量の印刷物を効率的に生産できることです。

大規模な印刷プロジェクトや商業印刷に特に適しており、品質の一貫性が高いため、ブランドのイメージを維持するのに適しています。また、さまざまな種類の用紙や仕上げオプションを選択でき、高品質な仕上がりを実現できます。

デジタル印刷とは

デジタル印刷は、コンピューター制御の印刷機を使用して印刷物を生成する方法です。

この方法は、短ランやプロトタイプ印刷に適しており、柔軟性が高いため、個々の印刷物をカスタマイズするのに適しています。デジタル印刷の特徴のひとつは、印刷データを直接コンピューターから印刷機に送信できることです。これにより、短納期のプロジェクトや小ロットの印刷に適しています。

また、デジタル印刷では、個別のデータを使用して個別の印刷物を製作することが容易であり、パーソナライズされたマーケティングキャンペーンにも利用されます。さらに、デジタル印刷は印刷プロセスの設定が簡単で、オフセット印刷よりも低コストで小ロットの印刷が可能です。

ただし、一般的にはオフセット印刷に比べて大量印刷物の単価が高くなることがあるため、大規模なプロジェクトには向かないことがあります。このように、オフセット印刷とデジタル印刷はそれぞれ異なる特徴と利点があります。プロジェクトの規模、品質要件、納期などに応じて適切な印刷方法を選択することが重要です。

「オフセット印刷」と「デジタル印刷」で異なるポイントとは?

オフセット印刷とデジタル印刷は、印刷方法において異なる特徴を持っており、それぞれの用途に適しています。

以下は、オフセット印刷とデジタル印刷の違いについて詳細に解説したものです。

用途と印刷コスト

オフセット印刷は、大量印刷に適しています。そのため、印刷コストは大量での印刷において非常に効率的です。

一方、デジタル印刷は小ロットからでもコスト効率が高いため、少量からの印刷やオンデマンド印刷に向いています。また、デジタル印刷は初期費用が低いため、プロトタイプや試作品の制作にも利用されます。

品質と精度

オフセット印刷は高品質で精密な印刷が可能で、とくに色の再現性が優れています。

色のグラデーションやトーンの差異が非常に繊細に表現できます。一方、デジタル印刷も高品質ですが、オフセット印刷のような微細なディテールや色の再現性にはやや及びません。

配信速度

デジタル印刷はオンデマンド印刷に適しており、素早い配信が可能です。

データを直接プリンタに送り、即座に印刷が行えるため、急な注文や締め切りに対応できます。一方、オフセット印刷はプリプレス準備に時間がかかるため、納期に余裕をもって計画する必要があります。

カスタマイズ性

デジタル印刷は、個々の印刷物をカスタマイズするのに適しています。

データを変更するだけで、異なるバージョンの印刷物を簡単に作成できます。一方、オフセット印刷は大量印刷向きで、カスタマイズが難しい場合があります。このように、オフセット印刷とデジタル印刷はそれぞれ異なる特長を持ち、プロジェクトの要件や予算に合わせて選択することが重要です。

印刷方法を選ぶ際に、用途、印刷数量、品質、配信スピード、およびカスタマイズ性を検討し、最適な選択を行うことが大切です。

それぞれどのような人におすすめ?

オフセット印刷とデジタル印刷の違いについて解説します。

それぞれの印刷方法は異なる特性をもち、異なるニーズに適しています。

こんな人はオフセット印刷がおすすめ

オフセット印刷は、大量の印刷物を必要とするビジネスや高品質で色の再現性が重要なプロジェクトに向いています。

また、長期的な印刷計画がある場合にも適しています。オフセット印刷は、高品質な仕上がりと一貫性のある色再現性を提供し、大量生産に適しています。また、カラーの再現が重要なブランド資料やカタログなどの制作に適しています。

こんな人はデジタル印刷がおすすめ

一方、デジタル印刷は小ロットの印刷物が必要な個人やビジネス、カスタマイズされた印刷物を求める場合、または納期が短いプロジェクトに対応する必要がある場合に適しています。

デジタル印刷は、柔軟性が高く、低ランニングコストで小ロットの印刷を実現できます。また、個別カスタマイズが容易であり、迅速な印刷物の制作が可能です。

まとめ

オフセット印刷とデジタル印刷は、それぞれの特性に合わせて異なるニーズを満たすための印刷方法です。どちらが優劣というわけではなく、それぞれに利点や弱点があるため、ビジネスやプロジェクトの性格に応じて、適切な印刷方法を選択することが重要です。品質と数量、納期などの要件に合わせて、最適な選択を行いましょう。

 

 

ネット印刷を検討している方は
この印刷通販会社がおすすめ!
プリントダップ
プリントダップの画像
新規登録で1000ptプレゼント!
サポートが充実している印刷通販会社
ポイント1
自社工場があるのでカスタマーサポート充実!
ポイント2
最短当日発送~対応!
ポイント3
ポイント使用でお得に注文可能!
毎月お得なキャンペーン実施中!

印刷通販会社ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名プリントダップグラフィックラクスルイロドリプリントパック
おすすめコースカスタマーサービス大充実!安心・親身な対応が魅力2020年顧客満足度調査No.1!信頼の印刷通販印刷に関わるデザインから配布までトータルに対応小ロットからの注文にも対応全国138万人の登録者を抱えるNo.1印刷通販
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
印刷通販会社コラム