印刷通販会社を利用するならこの会社がおすすめ!口コミで評判のネット印刷会社を厳選・比較し、ランキング形式で紹介しています。

オフセット印刷とオンデマンド印刷とは?印刷方法の違いについて解説

公開日:2022/07/15  最終更新日:2022/07/08


平版印刷はオフセット印刷とも呼ばれ、平らな版を用いる水と油の反発を利用した印刷方法です。現在の印刷方式の主流で、画像や文字を彩り鮮やかに表現します。一方、オンデマンド印刷は版がなくても印刷可能な、1990年代に生まれた新しめの印刷方法です。今回は2つの印刷方法の違いを比較して、どちらが良いか解説します。

オフセット印刷とは

オフセット印刷とは、版を使用した印刷方法です。シアン(C)・マゼンタ(M)・イエロー(Y)・ブラック(K)各色の版を出力し、一枚の紙に4つの色を塗り重ねることで最終的な仕上がり色を再現します。また、CMYKカラー以外にも特色(DICカラー)にも対応しています。オフセット(Off set)は名前の通り「付けて離す」工程で構成される印刷方法です。版のインクを紙にダイレクトに転写せず、ブランケット胴(シリンダー)に転写(オフ)してから紙に印刷(セット)を行います。現在の印刷方式として最も採用されており、品質が安定していて、短時間で鮮明な印刷を大量にこなすことができます。

オフセット印刷は版を作成するためのコストがかかるため、小ロットの印刷では割高感があることと、インクが乾くまでに時間が掛かるため、オンデマンド印刷より納期に余裕を持つ必要があることが難点です。たくさんの部数を印刷することで単価を抑えることができるので、カラー写真やイラストが豊富に使われているデザインのチラシや書籍、パンフレットなどの印刷方法として適しています。

オンデマンド印刷とは

オンデマンド(On demand)印刷は、名前のとおり「必要・要求(デマンド)に応じて、必要な部数を提供する印刷」です。デジタル印刷とも呼ばれ、従来の印刷方法では必ず版があるのに対して、製版せずデータをもとにして印刷するため、無版印刷とも呼ばれます。インクトナーはCMYKのみに対応し、特色(DIC)には対応していません。デジタルの原稿データを直接読み取り、複写と製本まで一貫処理する印刷方式をとるため、少ない部数での印刷や短い納期での対応が可能です。必要な時に必要な数だけ印刷できるので、在庫を抱える心配がないことや目的に合わせて柔軟な対応ができることが魅力です。

その反面、ロット数が大きい場合には割高になるデメリットがあります。かつてはオフセット印刷と比べて、仕上がりに見劣りがあるとされていたものの、印刷技術の性能向上が著しく、現在ではオフセット印刷と比べても完成品の精度差がなくなりつつあります。印刷にはプリンターを使用する都合上、紙の種類や厚みには制限があります。オンデマンド印刷には、高細密トナーによるレーザープリントと、インクジェット方式の2種類があり、メインとして使われるのはトナー方式によるレーザープリントです。内容が一部異なる印刷物(バリアブル印刷)を依頼したい場合には、オンデマンド印刷が有効です。

オフセット印刷とオンデマンド印刷はどっちがいい?

オフセット印刷とオンデマンド印刷はどちらにも向き不向きがあるため、一概にこちらがよいとは言えません。部数が少ない場合や、今すぐ印刷物が欲しい場合には、オンデマンド印刷が便利です。逆にロット数の大きい印刷物にはオフセット印刷が向いています。

印刷会社や印刷物のサイズによって価格は異なりますが、1,000枚以上を超える場合は、オフセット印刷が割安になると考えてよいでしょう。

オフセット印刷向きの印刷物は、ページ数が多いもの、用紙サイズが大きいもの、色の表現が重要なものなどが挙げられます。カタログ、チラシ、マニュアル、ポスター、パンフレットなどがその例にあてはまります。オンデマンド印刷に適した印刷物は、サイズ可変要素があり、用紙サイズが大きくなく、小ロットでの需要があることが特徴です。ダイレクトメール、はがき、名刺などが該当します。

一昔前には、オンデマンド印刷はオフセット印刷に比べて、仕上がりに見劣りが指摘されることがありましたが、現在では印刷技術が向上し、高性能なオンデマンド印刷機を各種メーカーが開発し、印刷品質が安定・向上しています。印刷物の内容や、印刷部数、印刷物のサイズなどを総合的にとらえて、どちらの印刷方法が適しているか判断するとよいでしょう。

迷ったときには、印刷会社へ直接問い合わせしてアドバイスをもらうことをおすすめします。印刷品質は、印刷所が所有する印刷機や使用する印刷用紙、インクによって仕上がりが異なることがあります。印刷所が近所にある場合は、それぞれの印刷物のサンプルを直に確認することで、より満足のいく印刷方法を選択することが可能です。

 

従来の印刷法であるオフセット印刷と、比較的新しい印刷法であるオンデマンド印刷について、印刷方法の違いをご説明しました。両印刷方法の大きな違いは「版」の有無にあります。オフセット印刷は版を使って印刷を行うので、少部数での印刷は割高になりやすく、大部数では割安になります。一方、オンデマンド印刷は読みとったデータをそのまま出力します。必要な数だけ印刷できるので、在庫を抱える心配がないことも魅力です。

印刷通販会社ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名プリントダップグラフィックラクスルイロドリプリントパック
おすすめコースカスタマーサービス大充実!安心・親身な対応が魅力2020年顧客満足度調査No.1!信頼の印刷通販印刷に関わるデザインから配布までトータルに対応小ロットからの注文にも対応全国138万人の登録者を抱えるNo.1印刷通販
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧